第1章

文章の土台を作る要素

・名詞/名詞句/名詞節
・助動詞
・動詞
・文型/動詞の語法

第2章

説明を加える要素

・名詞に説明を加える
・形容詞に説明を加える
・動詞に説明を加える
・時間軸の説明を加える

第3章

論文的表現をする要素

・比較表現
・強調構文
・否定表現

第4章

文学的表現をする要素

・直接法/仮定法
・倒置表現

第5章

目的別の学習方法

・イディオムの覚え方
・前置詞の覚え方
・学習方法
・検定試験対策方法

FOR WHAT PURPOSE?

「応用力を鍛える英文法の教科書」は、センターレベルの大学受験の4択問題が効率的に解けるようになることを最終的に意識しています。従来の教科書は、文法のルール説明だけにとどまり、「文法と文法の違い」や「問題を解くときの考え方・見分け方」への説明が足りないと感じ、書き始めました。

しかし、中学1年生や社会人の方が当教材を使って学んでも役立つように、受験テクニックではない視点からも執筆しています。そのため、一般的な文法の教材とは違い、独自に5つの章でカテゴライズしています。

当事業は「未成年のための民間学童」設立を2025年までの目標としており、その資金源の1つとして、Google Adsenseによる広告を掲載しております。このページでは一定間隔で広告を掲示しておりますが、ご了承いただけますと幸いです。

第1章 文章の土台を作る要素

英語で文章を作るには、必ず「主語」と「動詞」が必要です。そしてこの「主語」の部分には、いつも「名詞」という言葉の種類が入ります。そのため、「名詞」と「動詞」があれば、文章を作ることができる、と言えます。

日本語では「主語」は省略されがちです。「犬を飼ったんだよ」とだけ言えば、「あなたが犬を飼った」ということが伝わります。でも英語では「わたしは犬を飼ったんだよ」と、主語をしっかり伝えます。「誰が・どうする」という情報が、英語にはとても大事なんです。

第2章 説明を加える要素

英語で文章を作るには必ず「主語」と「動詞」が必要です。一方で、形容詞と副詞は絶対に必要!というわけではありません。形容詞や副詞がなくても文章が成り立つ場合がほとんどです。じゃあなんで形容詞や副詞は存在するのか?というと、「物事をより具体的に説明する」ためなんです。

ポメラニアンを想像しながら「犬が欲しいほしい!」と言って、体長100cmもあるセントバーナードのような犬が家に来たらビックリしませんか?「小さくて、抱っこできるような犬が欲しい」と説明したいですね。

検定試験でいうと、TOEICがこのジャンルから文法問題をよく出題しています。

第3章 論文的表現をする要素

受験、英検、TOEFL、IELTS、大学の課題などで小論文を書く方々が使えたらかっこいいなぁという、少しだけ発展的な表現です。特に「無生物主語」は、英検3級~1級、どの級の英作文・スピーチにも役立つ、とても便利な表現です。ちなみに、英作文で活用できて欲しいのは、この第3章までの文法です!基本的には第2章までの要素が揃っていれば、英作文としてかなりの表現度になりますが、より英語らしさを加えるために、以下の表現の導入もできたらいいですね。

第4章 文学的表現をする要素

熱のこもった自分の思いを伝えるのに、「わたしは~です」という平坦な文章を使っても、うまく伝わりませんね。文章に一工夫が必要です。あぁ、もしわたしがミュージカル女優だったなら、もっと上手に再現できただろうになぁ…。いや、気持ちだよ!大切なのはさ…。こんなふうにドラマチックに、まるで小説の登場人物のように、自分の願望や主張を伝える文法の表現を学びましょう。

第5章 目的別の学習方法

単語や文法を覚えてくださいね!資格や受験に向けて勉強してくださいね!……と言う教師や親は星の数ほどいますが、いったいそのうちの何人が「そのやり方」を教えてくれたでしょうか?思い返すと、わたしは「わたしに合ったやり方」を教わったことがありません。

しろくまスタディセッションのモットーは「論理的に、効率よく、カジュアルに、学習する」です。この章では、知っておいたほうが後々楽になる・得をする・結果的に効率が良くなるような学習方法を書いていきます。